People of Oman visited Village headman’s house of Samurai era. オマーンの人々が、つるぎ町の侍の時代の家を訪れた


(Map is below  地図は下)

We are a student of Oman tourism collage (Oman Tourism College).
We visited the Nagai family’s residence of Village headman in the Tsurugi town .

We experienced the Japanese culture of the Samurai era.
It is a residence of Village headman built in 1791.

We can feel the lives of the days of the samurai in that house.
Everyone is curious about the vast land of Oman and the target narrow Japanese room.

They sit down in the narrowest room with the ceiling low even in the house.
It is a house where you can experience the low height of the people of the Samurai era.

Many things are on display there.
Japanese harp awarded by lord of Hatisuka, dolls wishing for the growth of girls, rickshaws used for visits, medicine chests, baskets on which the bride came.

We understand life of Village headman and doctors of those days.

TripAdovisor

私達はOman tourism collage(オマーン観光大学)の学生です。
私達はつるぎ町にある庄屋の永井家屋敷を訪ねました。

私達は侍時代の日本文化を体験しました。
そこは、1791年建築の庄屋の屋敷です。

私達はその家で侍の時代の生活を感じることが出来ます。
みんな、広大な大地のオマーンと対象的な狭い日本の部屋に興味津々。

彼らは、家の中でも天井も低く一番狭い部屋に全員集合して座り込みます。
侍時代の人々の身長の低さを体感できる家です。

そこには、いろんな物が展示されています。
蜂須賀家から贈られた琴や、女の子の成長を願う雛人形、往診に使った人力車、薬だんす、花嫁が乗った籠。

私達は当時の庄屋や医師の生活が解ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です